壊れたものでもOK


カメラやカメラのレンズを売る場合には、壊れたカメラでも良いのか、これは多くの人が疑問に思っていることです。これは問題ないといえて、壊れたカメラであってもレンズは生きていることもありますので、カメラが壊れていてもまずは査定に出してみるのがよいでしょう。カメラが壊れているというのは、あくまでも素人の見立てです。プロによってはちょっとした修理で直る故障なのかもしれませんし、直すことができないほど重症なのかもしれませんし、あくまでもプロに判断してもらわなければ状態はわからないということです。このようなことを考えてみれば、素人判断は危険だといえて、せっかく大きなお金で買い取ってもらえるような品物を手放してしまうことになるかもしれません。

逆にカメラが壊れているから、修理して買い取ってもらおうと、手を出してしまうと致命的な故障に繋がってしまうこともありますので、このようなことはしない方がよいでしょう。どちらにしてもカメラの価値のわかる人にしっかりと査定してもらう必要がありますので、カメラを売るつもりがあるのならば、素人判断は決してせずに、まずは買取店を探して確認してもらうとよいでしょう。レンズが生きていて買い取ってもらえるかもしれません。